いろいろ


by k_white

かんぱん

肝班は、女性ホルモンの乱れによって出来るシミです。

よく、ほお骨やおでこなどに左右対称に現れるといいます。

肝班は、30代から40代に良く見られますが、50代を過ぎるとまた消えてしまうところが不思議なところです。

放っておけばいつかはなくなるのですが、それまでは待っていられないですよね。

肝班は、CMで知ったという人も多いと思いますが、CMは肝班を改善する薬なので、それを利用することでよくなるようです。

でも、肝班は一度良くなっても、また発症することがあるそうです。

また、レーザー治療では悪化するらしいです。
[PR]
by k_white | 2010-01-13 14:58 | 美容