いろいろ


by k_white

敏感肌を内側から改善

敏感肌が気になるときは、化粧品に頼りたくなりますが、できればカラダの内側から改善していきたいですよね。

敏感肌だけではありませんが、栄養バランスの整った食事は、健康な身体をつくるために大事なことです。
特に、ビタミンやミネラル類、タンパク質などを、毎日の食事の中で、バランスよく摂ることが大事です。

例えば、カプサイシンを含む香辛料は発汗作用があります。これは、新陳代謝を上げ、細胞が活発に生まれ変わりますが、新しく生まれた細胞は、十分に水分が含まれているため、角質層が全体的にうるおい、お肌に弾力も出てきます。

肌に潤いを与えると言えば、コラーゲンやヒアルロン酸などがありますが、これらは、化粧品からだけでは、肌に十分な量が吸収されません。
なので、これらが配合された食品やサプリメントを取る必要があります。
サバやイワといったの青魚に豊富に含まれている不飽和脂肪酸も保湿の効果があります。

ですが、発汗や保湿の効果がある成分は、ビタミン類などが足りていないとその効果が十分に発揮されないんだそうです。
[PR]
by k_white | 2010-11-30 14:18 | 美容